画像 JEWEL GIFT ジュエリーをプレゼントするあなたをお手伝い
トップページ > プレゼント相手 > 彼女 > 【4月生まれの彼女に!】4月の誕生石ダイヤモンドを使ったピアスの選び方

【4月生まれの彼女に!】4月の誕生石ダイヤモンドを使ったピアスの選び方



4月生まれの彼女へ今年はどんな誕生日プレゼントを贈ろうと考えていますか?
今回ご紹介するのは、「4月生まれのプレゼントならでは」のもの。
ダイヤモンドの宝石は4月の誕生石です!
今回はダイヤモンドの基本情報や魅力、お手入れ方法、ピアスの種類をご紹介します!
ぜひプレゼント選びの参考にしてください。

 

4月の誕生石、ダイヤモンドとは

ダイヤモンドの歴史

ダイヤモンドの歴史はとても深く、最も古いものは約45億年前に見つかったものだと言われています。
恐竜がいた時代よりもさらに太古の時代になります。
ダイヤモンドは地底の岩石に含まれている炭素が強烈な高音と高圧によって、偶然に結晶化したものです。
マグマの噴出によって地表近くに出てきたことで、紀元前7、8世紀頃から人々の目に触れるようになったと言われています。最初はただの硬い石と思われていたダイヤモンドですが、その強度からお守りや魔除けとして使われるようになっていきました。
ダイヤモンドの名前は、ギリシャ語で「無敵」を意味する「アダマス(adamas)」が由来とされています。1475年にベルギーで、ダイヤモンドをダイヤモンドで磨く方法が発明されると、その美しさが知れ渡るようになりました。

ダイヤモンドの石言葉

ダイヤモンドの石言葉は、『純潔・完璧・永遠の絆』です。
美しく力強い光沢のダイヤモンドはいつも人々を魅了してきました。
地球上に存在する石の中で最も硬く、そして誰もが知っている最も有名な宝石と言えます。ほとんどの鉱物は複数の元素の組み合わせで成り立っていますが、ダイヤモンドは炭素単体でできています。
モース硬度10を誇る硬さと、炭素単体でできている安定した構造から、昔から「永久不滅の宝石」と考えられてきました。そこから、ダイヤモンドを贈るということは、「永遠の絆を贈る」という意味合いが含まれているのです。多くの方が婚約指輪にダイヤモンドを贈るのはこのような由来があるためです。
またダイヤモンドの無色透明に「純潔」という意味も込められることもあります。

ダイヤモンドの魅力

ダイヤモンドの特徴

ダイヤモンドは炭素からなっており、身近なものでいえば、鉛筆の芯と同様の物質になります。
鉛筆と一緒?と思う方もいるかもしれませんが、炭素が結晶化して硬くなったものがダイヤモンドへと変化します。
硬度はかなり高いので、摩擦や傷に強いという特徴があります。
結晶化によって、全面が反射します。そのため屈折率が非常に高く各方面に大きな輝きと煌めきを見せてくれます。

開運をもたらす

ダイヤモンドはブライダル以外にも開運としての効果もあると言われており、パワーストーンのような魅力も兼ね備えています。
4月の誕生石として知られていますが、硬度が高いことから「困難に打ち勝つ」「純粋な想い」「祈願成就」「愛を深める」「永遠の愛」「良縁」などと言った意味も込められています。
そのため身につけているとパワーを与えてくれると言われているのです。


また、女性がダイヤモンドを身につけていると、とても魅力的に見えることから自信を与えてくれる宝石として知られています。
ダイヤモンドを身につけているだけで内側から自信や魅力が溢れ出し、背筋がピンとするという経験をした女性もいるほどです!
そのことからも、着けているだけで前向きにさせてくれる力を持った宝石といえます。

ピアスの種類


スタッドピアス(キャッチ式ピアス)

真っすぐなポスト(耳に通す軸部分)をキャッチ(留め具)で固定するタイプのピアスです。
着脱が簡単で耳の穴(ピアスホール)への負担が小さいのが特徴です。
デザインが小さいものもありますので、オフィス用などあまり目立ちたくないシーンでも身につけることができます。

フックピアス

ポストをピアスホールに引っ掛けるだけで着用できます。
キャッチが不要で、釣り針状のシンプルな形のピアスです。デザインも幅広くおしゃれなものから可愛いデザインまで様々です。

チェーンピアス

ピアスホールに本体のチェーンを通す、ロングタイプのピアスです。
ゆらゆらと揺れ動く姿がとても印象的!
長く垂らしたり、短くしたり、シーン別やその日の気分で長さを変えることもでき、コーデの幅も広がより広がります。

フープピアス(リングピアス)

フレームがフープ(リング)状となっているピアスです。
フープが大きいまたは太いとシンプルでもインパクトがあります!
コーディネートにアクセントをつけたいなら、大きめのフープを、繊細で控えめなコーディネートなら小さいく細いタイプのフープがおすすめです。

ダイヤモンドのお手入れ方法

お手入れ方法

ダイヤモンドは驚くほどの耐久性を持っています。
擦り傷などにも強く、時間が経ってもその輝きを維持することができます。

しかし、壊れないということではありません。
当然強い衝撃を与えれば欠けてしまう可能性もあります。
お手入れの基本は、糸くずの出ない柔らかい布で拭き取ることです。
日々のお手入れとして、着用後は乾いたやわらかい布で汗や皮脂を拭き取ってあげましょう。
ダイヤモンドは油を引き付ける性質を持っているため、ぬるま湯に中性洗剤を溶かした水を使いやわかいブラシで軽く、擦ってあげます。
研磨剤や塩素系漂白剤は、劣化を招く恐れがあるので使用しないようにしましょう!

保管方法と取り扱いの注意点

ダイヤモンドジュエリーは硬度が高いため、他のジュエリーと一緒に保管するのは避けたほうが良いでしょう。保管場所は、ジュエリーボックスなどがおすすめです。ジップ付きの袋でそれぞれ保管する方法などもあります。
また宝石は紫外線で劣化する可能性が高いため、直射日光が当たる場所での保管は必ず避けるようにしてください。
正しく保管し、こまめにお手入れをすることで、ダイヤモンドの美しさをキープしてあげましょう!

まとめ

ダイヤモンドの輝きは一生ものです。
そのため、トレンドに左右されることも無く、長く身につけていけるジュエリーでもあります。
今年のパートナーや恋人への誕生日プレゼントは、ダイヤモンドのピアスをお贈りしてはいかがでしょうか?
今回の記事がプレゼント選びの助けになれば幸いです!

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。